FC2 managemented FC2 managemented
≪内田康夫『風葬の城』 | ホーム | ぼくらのマツリは、ここでも始まる。≫
コメント
あらあら
こちらにもトラックバックさせてもらいました。
あらまあ、水面蹴りでたとえるとは、すばらしい・・・(笑)
不意打ちというかミスマッチがなんとも絶妙、でしたね。
[2005/08/12 21:11] URL | ざれこ [ 編集] | TOP ▲
ざれこさんへ_その3
TB&コメントありがとうございます。

オホメのオコトバ、カンシャです(ポッ)
またカブるネタがあったら、カンシャカシャTBしてくださいね。
[2005/08/13 01:34] URL | アトマツ [ 編集] | TOP ▲
若竹さんお好きですか!私も大好きです。
本書は、ほんと毒入りムースと感じ。ラストで不意打ちを食らいました。
TBさせていただきますね!
[2005/11/17 12:59] URL | Cutty [ 編集] | TOP ▲
Cuttyさんへ
おお、そして本記事へのTB&コメント。
心を込めてありがとうの大感謝祭!

密かにワタシ、若竹さんっつか葉村の大ファンです(ポッ)。
・・・ってまあケッコンしたいとは思わないけどねカノジョと(苦笑)。

とまあ、こんなちょいとトボけた脱線ダジャレビューですが・・・。
今後もよろしくねCuttyさんっ。
[2005/11/17 13:23] URL | アトマツ [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://afteryoufesta.blog16.fc2.com/tb.php/2-d75b2315
「ぼくのミステリな日常」若竹七海
ぼくのミステリな日常posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.24若竹 七海東京創元社 (1996.12)通常2~3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る自分のサイトで何人かの人に若竹七海を、特にこの作品を薦められて 読んでみようと何気に購入したのですが
本を読む女。改訂版[2005/08/12 21:10]
ぼくのミステリな日常*若竹七海
☆☆☆☆・ぼくのミステリな日常中堅どころの建設コンサルタント会社のOLで、仕事もあまり面白くないので そろそろ辞めようかと思っていた 若竹七海が、社内報の編集を任されたところから物語ははじまる。毎月何か短篇でも載せてくれ、という依頼を受け、小説などを書いてい
+++ こんな一冊 +++[2005/08/17 21:04]
ぼくのミステリな日常 [若竹七海]
ぼくのミステリな日常若竹 七海東京創元社 1996-12社内報の編集をまかされた若竹七海。「小説をのせろ」という難題を与えられた彼女は、大学時代に小説を書いていた先輩に連絡を取ります。彼が紹介してくれたのは「匿名氏」。身分、名前はいっさい明かさないことを条件に、
+ ChiekoaLibrary +[2005/08/18 12:27]
ほ→『ぼくのミステリな日常』若竹七海
『ぼくのミステリな日常』若竹七海著連作短編、と見せかけた長編といっていいと思う。独立していた短い話が、最後にひとつに繋がる。著者のお得意技。まず設定が面白い。社内報で連載されることになった連作短編小説を、一月ごとに紹介していくという形式になっている。各短
お気に入り辞書[2005/11/17 13:00]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。