FC2 managemented FC2 managemented
≪連城三紀彦『戻り川心中』 | ホーム | 連城三紀彦『夢ごころ』≫
コメント
TBありがとうございました
一気に読みきれる本ですよね、ほんと。
私は個人的にこういう「父・息子」っていう話が
好きだったりするので、うんうん、と感動しながら
読みきってしまいました。
この主人公好きです。
うんうん。←まだうなづいている。
[2005/08/25 09:16] URL | しまりす [ 編集] | TOP ▲
しまりすさんへ
はじめましてしまりすさん。
コメント・TBありがとうございます。

ワタシも大好きなんですよこの作品。
わかるわかる、うんうん。
この感動を分かち合いましょう!

他の岡嶋&井上作品は読まれました?
聡明で気丈な青年が大活躍するオハナシでしたら
井上夢人さんの「オルファクトグラム」もオススメですよ。

また、お気軽におこしくださいね♪
[2005/08/25 09:29] URL | アトマツ [ 編集] | TOP ▲
1人は井上夢人さん?
二人さんも夢人さんも読んでないのだけど、
宮部みゆきさんの「火車」あとがきに、PC関係は井上夢人さんよりアドバイスって書いてあったんですよね。
(ちなみに大阪弁指導は東野圭吾さん。)
「99%の誘拐」って面白そうですね。 探してみます。
「大誘拐」も「奪取」も面白かったですよね。
「大誘拐」のあのおばあちゃんと好きだな。
「奪取」は名前の由来が、ね。 それと最後が...ア然!でした。

[2005/08/26 21:16] URL | ゆきうさぎ [ 編集] | TOP ▲
ゆきうさぎさんへ
おはようございます。

うさぎさんにりすさん♪
このブログもすっかりファニーになってきました(嬉)

本棚から引っ張り出してきましたよ「火車」。あ、ホントだ(笑)
ちなみに個人的には「魔術はささやく」がBESTです。

ちなみに岡嶋二人さんに関しては、ワタシごときがとやかく述べるより

↓↓↓のお二人さんのご意見を

http://www.shinchosha.co.jp/99/who/works/k_dona2.htm

http://www.shinchosha.co.jp/99/who/works/k_satsuj.htm

是非とも一読してくださいませませませませっ!
[2005/08/27 09:05] URL | アトマツ [ 編集] | TOP ▲
すごい!
東野さんと宮部さんだ!
宮部さんのは、やはりおもしろ~い♪
両方とも保存しました。
ありがとう~♪
[2005/08/28 00:20] URL | ゆきうさぎ [ 編集] | TOP ▲
ゆきうさぎさんへ
レス遅れてごめんなさい。
基本的に週末はネットしないもんで。
出来れば今後もご了承してくださいね。

それにしても宮部さんの解説って、どの方のんでも
いつもFANな文章書きますよねぇ(笑)
[2005/08/29 08:30] URL | アトマツ [ 編集] | TOP ▲
うー・・・

ほんとだー。TBできないやー。
ほんだら僕もこちらに。
http://blogs.yahoo.co.jp/firoswi/13837482.html

僕はちなみに、クラインの壺が一位かなー。
[2005/10/19 14:34] URL | 三平一平swi [ 編集] | TOP ▲
文鎮
★もとい分身さんへ

唐突ですが、柄刀一さんの「ifの迷宮」オススメですよ。

え、「なんで?」って?
それはね・・・むふふのふ♪

[2005/10/19 14:42] URL | アトマツ [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://afteryoufesta.blog16.fc2.com/tb.php/45-6e1491ed
「99%の誘拐」70ヨンダラー
人が愛する人を想ってする戦いはこんなにも孤独だ。そして心揺さぶられる。そんな風に想った本でした。よく解説を読むと20年も前に書かれた本なのにずいぶんとネット犯罪系なことをしっかり書いているしいろいろつっこみもあったらしいけど別に読み物なんだからそんなもの
しまりすのひとりごと[2005/08/25 09:17]
99%の誘拐
以下のような帯がついていました。この文庫がすごい!2005年版 第一位 ミステリ
私的ログ[2005/08/25 11:26]
岡嶋二人『99%の誘拐』
今日はフリマの予定
ホンノシアワセ[2005/10/14 20:48]
クラインの壺(岡嶋二人)
クラインの壺(新潮社) ★★★★~★★★★☆’:80~85点 アトマツさんのブログ や gracemomoさんのブログ で紹介されていた「クラインの壺」。 あなたはもう現実に戻れない 常識を遙かに超え
ひろの東本西走!?[2005/11/04 07:12]
「99%の誘拐」 岡嶋二人
ある末期癌患者が残した手記。そこには息子を誘拐されたときの経験が記録されていた。十二年後、新たな誘拐計画が実行されようとしていた。コンピューターによって完全に制御された完全犯罪は果たして成功するのか?本格ミステリであるこの作品であるが、その....
たいの身勝手書評[2006/01/17 12:56]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。